オーストラリア留学・シドニー留学・オーストラリアワーキングホリデー・オーストラリア大学留学・オーストラリア大学院留学・シドニーワーキングホリデー・TAFE・ACNTなどシドニー専門学校の手続き無料サポート!ICNオーストラリア留学情報館はシドニー現地留学無料エージェントなのでシドニー語学学校、専門学校、TAFE、大学、大学院の情報力抜群で無料サポート!

 
オーストラリア・シドニー現地留学エージェントのIオーストラリア留学情報館。親身な留学カウンセリングと豊富な情報力でシドニーで口コミ殺到リピーター率No.1です。
オーストラリア留学情報館の最新ニュース

ICNのお届けする最新留学ニュース
10月の最新キャンペーン情報更新中! 
日本から情報館へお電話でのお問合せ
050-5809-8787 (月〜金日本時間9:00-17:00)



ICNオーストラリア留学情報館トップへ オーストラリア留学、ワーキングホリデーガイドへ オーストラリア留学、オーストラリア語学留学・語学学校ページへ オーストラリア留学でキャリアアップ オーストラリア留学、大学・大学院留学ガイドへ オーストラリア留学、シドニー留学、ワーキングホリデーの方へ、シドニーの現地留学エージェント(無料エージェント)は無料サポートです。 オーストラリア留学、シドニー留学、ワーキングホリデーの方へ、シドニーの現地留学エージェント(無料エージェント)は無料サポートです。 オーストラリア留学、シドニー留学、ワーキングホリデーの方へ、シドニーの現地留学エージェント(無料エージェント)は無料サポートです。 シドニーの留学無料エージェント
オーストラリア留学無料相談へ  
 
  オーストラリア目的別留学(各種専門学校) ICNオーストラリア留学情報館  
会社概要
ミッションステートメント
留学情報館の宣言
スタッフ紹介
ビザコンサルタント資格
紹介記事
無料サポートができる理由
現地サポートについて
留学情報館への道順
ICNのオフィス公開(写真付)
  オーストラリア目的別留学(各種専門学校) ICN留学情報館・代表のご紹介  
ICNオーストラリア留学情報館 代表
プロフィール・ご挨拶
廣瀬 淳の館長ブログ  
留学プランを大切に
  オーストラリア目的別留学(各種専門学校) お問合せ Skype/電話  

ICNオーストラリア留学情報館へスカイプ電話
Skype名 【icn.japan】


・日本からのお電話
  050-5809-8787
  (市内通話料でかけられます)
・オーストラリアからのお電話
  +61-(0)2-9267-3318s
オーストラリア目的別留学(各種専門学校) お得な情報満載のFacebook♪

ICNオーストラリア留学情報館のFace Book
・最新の情報をタイムリーにゲット!

  オーストラリア目的別留学(各種専門学校) オーストラリア留学情報館ブログ  
ワーキングホリデー、留学生にとっても役立つ現地人のブログ
  オーストラリア目的別留学(各種専門学校)現地留学エージェント無料サポート  
  オーストラリア目的別留学(各種専門学校)オーストラリア留学生の制度  

オーストラリア留学について、授業料保証制度(ESOS)とは?

  オーストラリア目的別留学(各種専門学校)為替レート(情報元:Reuters  

10月5日(木) 日本時間08:00

 ・A$1=88.64円
  オーストラリア目的別留学(各種専門学校)豪留学ご出発までの準備の流れ  
大学、大学院
語学留学
専門、TAFE留学
ワーキングホリデー
  オーストラリア目的別留学(各種専門学校)オーストラリアお役立ち情報  
ご出発までの流れ
豪の仕事情報は「Job prospects」
世界中のホテルを格安予約
お得な携帯電話レンタル 
シドニーのおすすめ学生寮
シドニーの学生用ゲストハウス
ホームステイでの注意事項
  オーストラリア語学学校・大学・TAFE オーストラリア学校リスト  
語学学校 リスト
大学・大学院 リスト
専門カレッジ・TAFE リスト

  シドニー語学留学目的別語学学校目的別 語学学校(シドニ-)  
IELTS対策
TOEIC対策
ケンブリッジ検定対策
英語教授法(TESOL)
児童英語教育
  オーストラリア目的別留学(各種専門学校)キャリアアップ留学  
ビューティー/アロマセラピー留学
ホテル・ホテルマネジメント留学
ファッション留学
デザイン留学
英語教授法(TESOL)
児童英語教師(TECSOL)
マーケティング留学
マッサージセラピー留学
  シドニー短期語学留学で資格GET! 短期間で資格ゲット  
日本語教師 420時間
海外ウエディングプランナー
チャイルドケア(保育士)
児童英語教師(J-SHINE)
ネイリスト
TOEIC対策
ヨガ講師
  シドニー短期語学留学で資格GET! オーストラリアでの生活  
現地生活ガイド
シドニーのおすすめ学生寮
オーストラリア留学記/漫画編
  シドニー短期語学留学で資格GET! おすすめ特集  
高校留学
  オーストラリア目的別留学(各種専門学校)情報館の携帯サイトOPEN  

  シドニー短期語学留学で資格GET! おすすめリンク集  
オーストラリア関連・相互リンク
 
オーストラリア留学情報館紹介記事へ
ICNオーストラリア留学情報館お問い合わせページへ
オーストラリア留学資料請求ページへ
シドニー語学留学サンプルプラン
 
 
 


  HOME > ワーキングホリデーガイド
オーストラリア留学はシドニーでワーキングホリデーの前に持ち物をチェック!シドニー現地留学エージェントは無料エージェントなので無料サポートです。
持ち物
留学情報館スタッフから
ワーキングホリデーをお考えの方へ
 
ワーキングホリデー出発準備
ワーキングホリデーとは
ワーキングホリデービザの取得
航空券の種類
日本からの持ち物
国際運転免許証
ワーキングホリデーの資金・物価
ワーキングホリデーサポートパック
情報館利用者特典・無料サポート
 
日本での公的手続きについて
国外転出届
住民税
国民年金
国民健康保険
 
オーストラリア到着後
空港から市内までの移動方法
オーストラリアの一時滞在先
住居の探し方
アルバイト情報
アルバイトの探し方
オーストラリアの携帯電話
オーストラリアの郵便
TAX FILE NUMBER/
 タックスファイルナンバー
TAX RETURN/タックスリターン
銀行口座の新規開設
在留届
バス/電車/タクシーの乗り方
警察
病院
オーストラリアの祝祭日
所持品紛失について
その他
セカンドワーキングホリデービザ
ImmiAccount代行フォーム
 
持ち物チェックリストPDFダウンロードはこちら
品目 重要度 コメント
貴重品/渡航ビザ関連
パスポート 期限は十分にありますか?パスポートのコピーもあると安心です。
航空券 航空券はプリントアウトしておきましょう。
現金(豪ドル) ご到着後空港から滞在先までの交通費、数日分の諸経費をまかなえる分あると安心です。目安としては500ドル位ですがご到着直後の状況により異なります。

トラベラーズチェック
(TC)

現金を持ち歩きたくない方向け
クレジットカード Visa、Mastercard、Amexなどが使えます。あると便利です。
国際免許証、国際学生証 可能なら。あると身分証明の一つになります。

ビザのコピー

ビザ取得時のEmailやビザ申請書類があると、入国時にスムースな場合があります。
オファーレター/COE 入学予定の学校によっては、入学許可証をお持ちになる必要があります。
証明写真 学生証作成の際に、必要になる可能性があります。現地だと自動写真機は少なく、値段も高いです。
卒業/成績証明書 オーストラリアでの進学をお考えの方は、英文の成績証明書や卒業証明証を取得しておくとスムースにお手続きいただけます。
保険の証明 海外保険に入っている方は、お持ち下さい。※OSHC(留学生向けの海外保険)をICN経由で発注された方は、現地でお渡しとなります。
滞在先の住所や連絡先 しっかり控えていきましょう。緊急連絡先を書いた紙もあると安心です。
電子機器類
携帯電話 日本の携帯電話は通常SIMロックされているため、現地にて新たに購入の必要がありますが、スマートフォンはWi-fi環境では使用可能です。
ノートパソコン/タブレット 小さく軽いものがあると便利です。
カメラ 学校でもたくさんのアクティビティがありますので、是非思い出を残しましょう。
電子辞書 授業中、先生によっては使用禁止する場合もありますが、慣れない英語環境での勉強にあると大変便利です。英英辞書が入っていると尚よいです。
電気プラグアダプター オーストラリアのプラグは"O型タイプ"です。現地でもスーパーなどで購入可能ですが、1〜2つ日本から用意しておくと楽でしょう。
変圧器 オーストラリアの電圧(240V)に対応していない電子機器を持ち込む場合は必須となります。
ドライヤー 現地でも安い物は売っていますし、電圧などの心配もあるので、特別なこだわりのある方のみお持ち下さい。
目覚まし時計 携帯で代用可能。
USBメモリー 学校などで課題や教材の受け渡し、友達とのデータ交換に便利です。
各種充電器 日本から電子機器を持ち込む際は、充電器の電圧を確認しておきましょう。
生活用品・常備薬・衛生用品など
日焼け止め オーストラリアの日差しは大変強いので、必ず持ってくるようにしましょう。
サングラス オーストラリアの日差しは大変強いので、必ず持ってくるようにしましょう。
生理用品 現地でも調達可能ですが、質などの面を気にされる場合は、持込をおすすめ致します。
胃腸薬、下痢止め、便秘薬 環境の変化で体調を崩す可能性がありますので、あると安心です。
酔い止め フェリーやバスの移動が苦手な方は、あると安心です。
鎮痛剤 頭痛、生理痛などにあると安心です。
バンドエイド 質にこだわらなければ現地でも安く手に入ります。
めん棒 質にこだわらなければ現地でも安く手に入ります。
石鹸、シャンプーなど 到着後最初の数日分の小さな物で十分ですが、あると便利です。
洗剤(洗濯用) 到着後最初の1〜2回分の小さなもので十分ですが、あると便利です。
爪きり 現地でも安く調達可能です。
折りたたみ傘 現地で購入できる傘は、高かったり壊れやすいので、軽くて丈夫なものを日本から持ってくると安心です。
メガネ、コンタクトなど コンタクトの方はケア用品も、しばらくの分はあると安心です。
虫刺され 夏は蚊や蚊に似たサンフライといわれる虫が出ますので、気になる方はお持ち下さい。
小さめの南京錠 バックパッカーなどに滞在する場合は、南京錠を持参すると便利です。
化粧品、日用品 最初の数日分は持ってきましょう。その後の分も日本のがよい場合はお持ち下さい。ただ、オーストラリアは乾燥しているので、保湿に気をつけましょう。
電池 現地でも少し割高ですが購入可能です。持参する場合は重くならない程度にしましょう。
歯ブラシ、歯磨き粉 歯ブラシは現地の物は大きく使いづらいので、日本からの持参をおすすめ致します。歯磨き粉は、現地のものでも問題ないと思います。
かみそり 現地のスーパーや薬局でも調達可能。
体を洗う布やスポンジ 現地のスーパーや薬局でも調達可能。
髭剃り 現地のスーパーや薬局でも調達可能。
目薬 何かとあると便利です。
衣類・かばん類・靴・タオルなど
帽子 オーストラリアの日差し対策は必須です。(現地では折りたたみ傘を差している人は少ないですが。)
歩きやすい靴 疲れにくい歩きやすい靴を必ず持ってきましょう。
ビーチサンダル ビーチに行く時以外にも、バックパッカーやホームステイ先などでも室内履きとして重宝します。
上着 夏も夜や室内は冷えます。冬も寒いです。上着、カーディガン、ウィンドブレーカー、パーカーなど防寒着は必ずお持ち下さい。
下着 現地でも調達可能です。ただ、海外サイズの場合もあるので、不安な場合は十分お持ち下さい。
普段着 学生生活、レジャーなど、基本的にラフな服装で大丈夫です。Tシャツやパンツなど、動きやすい服装をお持ち下さい。
スーツ、ドレスなどのフォーマルな服装 目的や予定に応じてご用意ください。(レストランやクラブなどドレスコードがある場所があります)
水着 現地でも調達可能です。ただ、海外サイズの場合もあるので、不安な場合はお持ち下さい。
靴下 必要に応じて現地調達可能です。
長袖・長ズボン ブッシュウォーキング(山歩き)等もポピュラーなアクティビティの一つですので、あると安心です。
リュックサック、大きめのバッグ 通学、町歩き、遠出などに重宝します。学校のテキストは大きいことが多いです。
タオル バックパッカーなどでは自前となります。身支度用にも、ビーチ用にも、あると便利です。
ストール 飛行機や電車、バス、学校の教室などが肌寒いことが多いので、あると便利です。
パジャマ くつろげるTシャツやズボンをお持ちください。バックパッカーやホームステイ先、シェアハウスなどで着る部屋着になります。
小さめのかばん ちょっとしたお出かけには小さめのかばん(肩掛けなど)あると便利です。大きいかばんはスーパーなどで毎回警備員に中のチェックをされる可能性もあります。
ワンピース ちょっとしたディナーやお呼ばれに、重宝します。
ビーチバッグ 布の袋などビーチに持っていける手軽なかばんがあると便利です。
小旅行用バッグ 留学中のホリデーに国内旅行などに行く際大変便利です。
文具類
ペン、シャーペン 日本製の安くて高品質な物は現地では買えませんので、持参をおすすめします。学校では必ず使います。
消しゴム 日本製の安くて高品質な物は現地では買えませんので、持参をおすすめします
メモ帳 到着直後は特に、メモを取る機会が多いと思いますので、あると便利です。
ノート 現地でも購入できますが、質や値段にこだわられる方はお持ち下さい。ただ、かさ張らない程度に。
シャーペンの芯 日本製の安くて高品質な物は現地では買えませんので、持参をおすすめします
海外で手に入りにくいもの
洗濯用ネット 洋服を長持ちさせたい方は、あるとよいです。現地でも購入できますが高いです。
耳かき 耳かき愛好家は持ってこられることをお薦めします。(めん棒は現地でも安く手に入ります)
タイツ、ストッキング サイズや質の点で、日本のがあると良いです。
カイロ オーストラリアでは手に入りませんので、寒がりな方はご持参ください。(ただ、日本のような寒さにはなりません)
クリアファイル 到着後や通学開始後は、書類が増えますので、あると便利です。
日本食 実はシドニーでは身近に手に入ります。また、オーストラリアは食品の持込への審査が厳しいので注意が必要です。
ホームステイ先へのお土産 あまり高価な物や、大きな物は控えましょう。
ポケットティッシュ 日本のように配っていません。日本からいくつか持ってくると便利です。(小さい濡れティッシュも同様)
裁縫道具 現地でも手に入りますが、あまり質がよくないようです。
顔の保湿パック シドニーなど大都市にはアジアンコスメの店が多くあるので、中国や韓国の商品が安く手に入りそこまで困りません。ただ、日本製にこだわる場合は、お持ちください。
衣類圧縮袋 現地だとあまりない、または高いので、日本からお持ちすることをオススメします。荷物のかさを減らすのに大変便利です。
スーツなど 現地で就職活動やオフィスワークを希望する方はあると安心です。



HOME | ワーキングホリデー語学留学 | キャリアアップ留学大学・大学院 | 永住権ガイド

お申し込み無料相談免責約款 お問い合わせ


Registered Migration Agent 行動規範: Code of Conduct

TEL:+61 (2) 9267 3318  FAX:+61 (2) 9269 0088  Email:info@johokan.jp
Suite702, level7, 233 Castlereagh Street, Sydney, NSW, 2000
International Communication Network Japan Pty Ltd / ICNオーストラリア留学情報館
©copyright 2004-2012 ICN All Rights Reserved.

HP情報は常に更新しておりますが、変更・誤字脱字、記載ミスによる誤情報がある可能性もございます。
それに基づくいかなる行動も弊社は責任を負いかねます故、必ず弊社スタッフへコンタクトして情報確認下さい。